運転免許証が失効してしまった場合

日々の忙しさにかまけていたら、運転免許の更新を忘れていた…ということもあるでしょう。期限が切れた免許で運転してしまうと、無免許運転になってしまいます。せっかくの運転免許が失効してしまうと焦ってしまうこともあるかもしれませんが、基本的には再取得することが可能です。運転免許が失効してしまった場合、まず「やむを得ない事情であったかどうか」を確認されます。具体的には、ケガや病気などで入院していた場合や出産があった場合、海外に滞在(出張など)していた場合などです。これらの事情があれば例外扱いとなり、一部の試験が免除されます。ただし診断書やパスポートを見せて証明する必要があります。特別な事情がなかった場合には、試験・講習を受けることで再取得になります。まず、失効して半年以内であった場合は学科試験・技能試験以外の所定の講習を受ける必要になります。半年~一年の期間であれば、学科試験・技能試験(ただしどちらも仮免許試験は免除)、所定講習を受けることで再取得ができます。失効して一年経ってしまった場合には、学科試験・技能試験・所定講習の全てを受けなければなりません。ほとんど免許の取り直しとも言えるでしょう。運転免許証を再取得するときには、「免許証(失効しているもの)」「本籍地が記載されている住民票の原本」「写真」「手数料(講習場所によって金額の変動あり)」、他にやむを得ない事情がある場合などには診断書やパスポートも必要となります。運転免許は、更新期間中に必ず手続きを行いましょう。再取得することは難しいことではありませんが、余計な手間やお金がかかってしまいます。少しでも分からないことがあれば所定のセンターに問い合わせをして、確認してみましょう。