マニュアル免許の需要と展望

仕事柄、トラックを運転したりだとか、専門的な車を運転する場合には、まだまだ依然としてマニュアル車の需要もあるというふうに言えるわけで、自分自身の仕事や、今後の生活のことなどを考えて、判断するということがポイントであるという風に言えるのではないでしょうか。オートマチック車のチェンジレバーには、チェンジレバーボタンと呼ばれるボタンがついており、荒れた斜面などを走った際の振動や、自分自身の人為的なミスによる操作によってレバーを動かすことがないように、ボタンが付いているわけです。例えば、ニュートラルからドライブに動くように、レバーをコントロールする際にはボタンを押しながら行わなければ動かないようになっているわけで、うっかり手が触れてしまって動いたというようなことがないように、メーカーの配慮がなされているという風に言えるでしょ。急に走り出したら、周りの車や自分自身にも危険が及んでしまうため、特に慎重に操作する必要があるという風に言えるでしょう。オートマチック車の場合には、パーキングやニュートラルでエンジンを始動することが出来るわけですが、安全上の視点から、パーキングで指導することが必要だというふうに言えるでしょう。また、クリープ現象などで前に進んでしまうことを防ぐため、ブレーキペダルもきちんと強めに踏んでおくことが、重要だという風に入れるでしょう。実際にエンジンをつける際には、ハンドブレーキをきちんと引き上げてチェンジレバーがパーキングに入っていることも十分に目で確認をしておくことがポイントです。そして、ブレーキを踏んでエンジンをつけたらいよいよ出発ということになるわけです。