錯視効果に対する対策について

錯視効果が見られるのが、見通しの良い直線道路などでもよくあり、大きな幅が空いてるように見えていても、近づいてみると非常に狭い一歩通行の道路であった、などというようなケースは、しばしば報告されていますし、特に注意しておかなければならないポイントの一つである、というふうに言えるでしょう。このような場合、大体のケースでは、前方ばかりを見て、距離を測ったりしようとしてしまいがちなことが影響しているわけですが、左右や、バックミラーなどを見ながら後ろを見たりするなどして、様々な景色と比べて前方のオブジェクトが、どれぐらいの距離感覚やサイズなのかということを把握することが重要だという風に言えるでしょう。また、初心者が間違いがちなポイントとしては、停止線を越えているかどうかということを確認する際には、何度かイメージトレーニングをして自分が乗っている運転席から、どれくらい停止線が見えたら OK 、か、ということを確認しておくのもお薦めのポイントであるという風に考えられるかもしれません。しかし、この際にもブレーキを止めることだけに執着してしまった結果、急ブレーキをかけることになってしまっては、全く意味がありませんし、むしろ、、危険な運転を助長してしまっていると捉えられても致し方のないことであるというふうに言えるでしょう。そして、止まる時だけではなく加速をする際にもコツが必要で速度を調節しなければコーナーなどに差し掛かる際に非常に不安定な状態で曲がらなければならないような事態になってしまいかねません。このような状況を未然に防ぐためには、なるべく、アクセルの踏み方を考えてその加減を覚えておくことが重要だというふうに言えるわけです。