発進の際の安全確認

車の発進は、運転手にとって緊張を強いられる瞬間です。何故なら安全確認が求められるからです。チェックポイントは沢山ありますから、それらを確実にこなせるように教習所や合宿免許でよく訓練を積むことが大切です。安全確認とはいうものの、全てを見ることはできません。運転席から見えない死角はどの車にも存在します。特にバックの発進は危険ですから、何度も確認してから動かすようにします。

死角とは、車の構造から生まれる見えない部分のことです。運転手は乗車する際、まず死角に当たる部分に人がいないかを確認します。車の下に隠れていることもあるため、念入りに調べるようにします。乗り込んだ後も気が抜けません。特にバックの発進は危険ですから、できればそのような状況を作らないように駐車することが推奨されます。例えば車庫入れなどの際は、バックで入れておけば発進し易くなります。どうしてもバックで発進しなければならない時は、同乗者の協力を仰ぎましょう。またドアが全て閉まっていること、乗客が安全であることも確認します。方向指示器は発進の合図に代わるものですから、必ず点けなければなりません。バックミラーや目視で前後左右の安全を何度も確認した上で、ゆっくりと車を動かすようにします。

運転手は運転中、交通法規を守らなければなりません。信号を守ったり警察官の指示に従ったりするのは基本ですが、それ以外にも交通ルールはたくさん存在します。特にプロの運転手であれば知らなかったと言い訳することはできませんから、確実に頭に入れておきましょう。