運転手の心得

教習所や合宿免許では運転免許の取得ができます。そこで頑張って腫れて運転手になれたからと言って安心してはいけません。運転手には臨機応変に対応する能力が求められます。例えば故障車をけん引するのもその一つです。けん引の仕方は定められているため、当該法規に従います。ポイントとしては、ロープでけん引する場合、故障車との車間距離を5メートル以内にすること、ロープに白い布を付けること等が挙げられます。故障車にも免許を保持した別の運転手が乗らなければなりません。

運転手は自分の乗り降りの際はもちろんのこと、同乗者や乗客が乗り降りする際も、細心の注意を払います。いわゆる半ドアにならないように注意したり、乗客が後続車等と接触しないように配慮したりすることが求められます。例えば交通量が多い所では、左側から乗り降りしてもらうのが鉄則です。乗客が降車する際は、ゆっくり開けて安全を確認してもらうように呼びかけましょう。ゆっくり開けることで、後続車に降車を知らせることになります。

シートベルトの着用にも注意しなければなりません。運転手は同乗者や乗客に着用させる義務があるため、乗車の度に促すようにします。そもそもシートベルトは、交通事故が発生した時の衝撃を和らげる働きがあります。最近の車にはエアバッグが備わっていることもありますが、その場合もシートベルトは着用しなければなりません。シートベルトにはそれ以外にも正しい姿勢を保たせる働きがあり、運転手の疲労を軽減してくれます。同乗者が子どもの場合はシートベルトのサイズが合わないこともありますから、チャイルドシートを利用するようにしましょう。幼児の場合は特にチャイルドシートが欠かせません。ベルトがたるんでいたり、捻れていたりすると危険ですので、走行前に確認しておきます。