合宿免許の費用

合宿免許を選択肢に入れるためには、費用の相場を知る必要があります。教習所に支払う費用の主な内訳は、教習費、宿泊費、食費、交通費、入学費等ですが、この他にも宿泊先の生活で発生する費用を考慮しなければなりません。合計25万円前後は捻出することになるでしょう。注意されたいのは入学時期によって料金に差が生じる点です。学生の長期休暇中は相場の平均に数万円程度加算されます。逆にオフシーズンは安くなります。他にも定番の割引プランがあり、「早期申し込み」、「グループでの申し込み」、「学生」、「女性」等々に該当すれば、多少の割引を期待できます。

プランの内訳の中で選択肢が多いものの一つが食費です。3食、2食、完全自炊等から選ぶことができるため、外食・自炊を織り交ぜたい人には便利です。提供される食事のスタイルも多様で、定食が供されるところもあれば、ビュッフェが用意されている学校もあります。自炊を選択すると手間はかかりますが、合計費用は相当分安く済ませることができます。

さて、パック料金の中に組み込まれていることも多いのが保証金です。保証金を支払っておけば、試験に失敗するなどして卒業が延びた場合でも、追加料金等がかかりません。プランによって「卒業まで何度でも」免除されたり、「~回まで」と制限されたりします。その他交通費も上限一杯まで補助してもらえるところが多く、新幹線で通うこともできます。

レアなケースとして詐欺行為も全く無いわけではありません。完全な犯罪行為であれば振り込んですぐに音沙汰が無くなる、或いは倒産するケースを思い浮かべるかもしれませんが、HPの写真や指導員の紹介文とは全く異なる教習実態であったために、トラブルに発展したケースもあります。